日々のこと PR

週末、海の見えるホテルで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

梅雨入り前の晴れた週末

千葉の海へ小旅行

 

当初は植物園へ花の写真を撮りに行くつもりが

ここ数週間の疲労こんぱいぶりのおかげで、海を見ながらのんびり過ごすことにした。

 

 

部屋の窓一面から海が見える。

 

窓のすぐ近くに椅子を置いて腰かけ

何も考えることなく、寄せては消えていく波を眺める

 

ただそれだけなのに干からびた地面に大雨が降ったかのように

心が潤っていく

 

建物は古いが、部屋からの眺めは抜群

そこで働く人たちも皆、丁寧で親切だった。

 

夕食時、すみません、すみませんとあちこちで呼び止められ

忙しく働く人たち。

 

皆、懸命に働いている。

 

 

小さなことでも、素晴らしいと褒める人あり

小さなことに、えいえんと文句を言う人あり

 

 

ふと、ホテルで働いていた頃を思い出した。

 

接客業は楽しくもあり、大変な仕事だと思う。

どんな仕事だってそうなのだけれど・・・

 

ある時、予約の手違いで部屋を用意できなかった女性がいた。

ヨーロッパの国から来たというその人は、柔らかな明るい色のスカーフを巻いていた。

 

申し訳なくて、何度も何度も詫びる私のことを、彼女はぎゅっと抱きしめた。

 

 

「うまくいくことばかりじゃないから、旅は楽しいのよ。気にしないで。」

 

 

思わずポロリと涙がこぼれた。

 

 

日々の忙しさでカラカラに乾いていた私の心に彼女がやさしい雨を降らせた。

 

 

自分の不甲斐なさが悔しかった。

そして、彼女の寛容さを一生忘れまいと思った。

 

 

今、私は彼女のような人間に少しは近づけただろうか。

うまくいかないことを楽しめるような心を持てているだろうか。

懸命に働く人を労う心を持てているだろうか。